素晴らしい週末になりました!

ほんとうに素晴らしい休日でした。たった2日間、意味のない5日間が報われた、いや、そんなこと言ってはいけない、励みなった2日間だと言いましょう。

面倒くさいので、各日ごとに箇条書きにて記しますね

  • 土曜日に日曜日にしたことをしようと思っていたけど、天候を危惧し予定変更
  • たのしく「朝だ生です旅サラダ」「食彩の王国」「題名のない音楽会」とテレビ朝日を鑑賞
  • ちょっと買い物の必要があり、近所のDAISOへ
  • 行こうかと思ったら、自転車がパンク!
  • Google Maps様にて発見して自転車屋
  • 自転車屋というより、二輪修理専門みたいなガレージにおじいさん
  • 「ぱんくしました」というと「なおしてやるよー」と好対応
  • そのへんの椅子に座って、しばらく仕事を鑑賞
  • アラブ系の親子がやってきて「おかあさんのやつまだですか」と子供が日本語ではなし、母親に通訳していた。すごいなあ。
  • おじさんの自転車修理技術はすごい。ぼろいくそ安自転車が新品のような走り心地
  • 今日はネクストサンデーのオープンステージにでることにした。土日に開催されるのは珍しいから
  • 青梅街道を快適にサイクリング。あっというまについてしまった。土日の青梅街道は車も少なくて快適。環状7号線は地獄だけど。。
  • 会場に到着すると人が少ない
  • いつもの「洋子さん」はいた。元気そう。今日の新曲は「特派員」
  • 自分の出番の前に、謎の英語話者の少年18歳がソロでギター弾き語り
  • ハワイから来ました、ニホンゴはうまくないです。とのこと。
  • 歌いだしたら、リアル英語と、歌とギターのうまさに圧倒された
  • ほんとうにうまい。「すてきー」と目をキラキラさせてみてしまった!
  • というか、日本の「男性ギター弾き語り」のレベルの低さといったらどうだろう
  • 終演後、早速話しかけ、仲良くなった!
  • 彼は今はLAにて音楽学校に通うことのこと。この日は女性といて、その人はお母様。
  • 日本とアメリカのハーフ!日本の滞在は、学校開始前の一時的なもの。
  • 僕のつたない英語でもニコニコ話してくれた。
  • 「日本のアーティストは誰か知っていますか」ときくと「知らない!」とのこと。そうだよねえ。Mr.Childrenも知らないとのこと。
  • 「日本のギターとボーカルのソロアーティストはオールバッド」とか言ってしまった ひどいよなあ僕
  • 自分のことはカット!!します
  • 彼はInstagramのアカウントを教えてくれた。やはり米国人はフレンドリー!

www.youtube.com

ロマーノくん!頑張ってね!!!

 

2日目

  • 今日は上田市に行き上田映劇で「カメラを止めるな!」をみることにした
  • 東京駅まで、最寄り駅から地下鉄で行く
  • 電車の行き先は終点池袋までのものが来た!直結!直結!
  • いつもはだいたい「中野坂上行き」なので、乗り換え要、ラッキー!
  • 早く上田に付きすぎてしまって、「カメラを止めるな!」の1回めの上映に間に合ってしまった
  • さっそく劇場に向かい、支配人くんと逢瀬
  • カウンターから出てきてくれて、握手(T_T)
  • 僕はハグをもとめてしまった(●´ω`●)
  • でもまだ何ヶ月かめ。しっぽりしばらく話す。しかしその間にもお客様が次々来店!
  • うれしいなあ自分が客一人とかのときもあったのに
  • カメラを止めるな!」の感想はさわやかトラウマ日記にかきました
  • その後は、前に住んでいたアパートの最後に仲良くなったおじさんの家に行った。
  • ずっと家にいる人なので、行ってみたらやはりおられた。
  • 優しく歓待をされ、そのまま部屋で話した
  • ほんとうに、素晴らしい人。今は地味な生活をしているけれども、貧乏くさくない生活をするように、いろいろ努力をしている御方でした。
  • この日はこの方のために「万世のカツサンド」をお土産に持っていった。理由は自分が食べて美味しかったものだから。
  • この人は携帯電話をもっていない、でも固定電話はあり、おしゃれな電話機と今日は安い子機を買ったということで見せてくれた。
  • 電話番号をきくのを忘れていたので、教えてもらった
  • その後は喫茶「故郷」に行った。
  • ここにもけっこう通って、今日はわたしたいものがあったので行きました。
  • 店のおばあちゃんもおじいちゃんもいた。
  • コーヒーを頼むと、なぜか2杯もでてきました

  • わたしたいものとは、インターネットにあった喫茶「故郷」の写真をプリントアウトして、ファイルにはさんだもの。
  • 前にスマートフォンで見せて、喜んでいたので、わたしたいと思っていた
  • 最初は恐縮して、いりませんよ!と言っていたけど、なんとか受け取ってもらった
  • その後、ずっとそのファイルを観ていた。嬉しかった。
  • 最後にはメッセージも手書きで書きました。
  • その後は、最後に会いたい人、メロディーグリーンという中古CDレコード古着など沢山のサブカルチャーが詰まった名店の店主さんに会いにいきました。
  • やはりおられて、話をしました。僕のことはもちろん覚えてくれていました!
  • そして、カウンターで出す前の商品、僕がほしかった感じのショルダーバックがあったので、これいくらですか?ときくと500円とのこと!すぐに買いました!

この後、再度上田映劇により、支配人さんに別れを告げました。

「いろいろ大変だと思うけど、それすらも羨ましい」と思っていたので、それを言いました。やはりこういう事を言ってはよくないな、と恥ずかしくなりました><

 

その後、締めで「ラーメンこうや」に。やはり美味しかった!

上田市は日中も涼しくて、今日は良い風も吹いていて、空も綺麗でした。

帰りはちょっと寒くて、そういえば、メロディーグリーンで300円のカーディガンを買ったのに、すっかり忘れていたなあと帰りに気づきました。

帰りたい、と思える場所に自分にはあるんだ、ということ。ほんとによかったです。

東京での生活、まだ上田市にいたたった1年弱の最後よりも、孤独であり、満たされていないという現実だということ。はやくなんとかしなくては。と思います。

はあ、明日からなんとかがんばります。いや、がんばならなくてもいい。今は、ただ耐えること。それが大事。今はそうです。そうするしかない。耐えることなんて、何もないはず。どうなんだろう。

とりあえず、今日はもう寝ますおやすみなさい!