遂に悟りの境地に

今日は、とても良い気候と気温で、良い日でした。それに気づいたのは午後で、早速自転車でしばらくでかけました。街に出るとやはりウキウキします。

綺麗な夕焼けになりそうな、美しい空を、自転車を漕ぎながら、思いました。

全部、どうでもいいんだ。

いつか、自分は死んでしまう。だから、どうでもいい。

今、自分に起きていること、それはどうでもいいことばかり。なってしまった。

 

だから、細かいどうでもよくないことを大切にしていくために、大きいことは、どうでもいい。だから、どうでもいいからこそ、真面目に続けていこうと思います。

ちょっとよくわからないですかね。

心はここにない。だからこそ、細かいこと、小さいものとして、それぞれに対応をしていく。優先度を変えてみるということです。

自分は、大きいことばかり考えていたんだと思います。だから、現実が見えなくなっていた。

自分に起きていること、どうでもよくないこと。これから大切にしていきたいこと。それはもうわかりました。どうでもよくない人達も、それもわかってくれたということもあります。

現実と非現実

わけること。

愚かなのかもしれません。が、

それもどうでもいいのです。

 

僕はいつか死ぬ。みんなも死ぬ。

基本的に、どうでもいい。本当は好きに生きていきたい。いつかは死ぬのだから。

あまり考えないように、うまくやっていけばいいかな、と考えるようになった、悟りの境地です!!

 

今週のまとめ なにもないけど燃えたぎっていた平日と楽しい逢瀬の金曜日!

先週日曜日の上田行きが、ずいぶん昔のように感じてしまいます。

上田も含め、最近は、過去の自分をよく知っている人たちに会いました。ここ1ヶ月でです。その、最後、ではないのですが、特別な人とと金曜日に逢瀬をしました。

その日、僕はスマートフォンを家に忘れてきてしまい、音楽用に持っている回線契約のなくなった事実上のiPod120GBとなったiPhoneはありました。

会社の無線ランにも繋げられるので、まあいいかなーと思いました。

そうすると、iPhoneの方に、先日こちらから誘って前職の方からメッセージがありました。今日、食事をしないかということです。誰かと話をしたかったし、その人とも会いたかったというものあり、このような状況を伝え、僕から「原始的な改札前まちあわせでいかがでしょうか」というと、快諾をしてくれました。面白い人です。

金曜日の夜は、どこも混雑しており、最終的には、僕がよく行っていたビルにある中華料理屋しか空いていなかったので、そこに落ち着きました。

てきとうに入ったところですが、ここは美味しかった!

f:id:maemuki:20180915222448j:plain

shinagawafront.com

これは「マトンのクミン和え」みたいなものでした。その御方がマトンを食べたいとのことでした。クミンの味がマトンとよくあっていて、すごく美味しかった。お酒がすすんでしまい、お互いあまり飲まないのですが、この日はなんと3杯も飲んでしまいました。

久々に酔いました。会社の人と飲む機会もありましたが、そんなに酔えなかったのです。不思議ですね。その御方は、そんなに外食や飲みなどは当時はなかった。それでも十分に会話が続いたのは、まず趣味が合う、それは稀有になってしまったクラシック音楽の趣味です。しかし、微妙に違っていたりするのですが、お互い「好みが違う」ということが分かる人も、あまりいないのです。。

そして、その人にはとてもお世話になったこともありました。僕の暗黒時代、いちばんひどい時期に、心配をして電話をしてくれたのです。そして、たくさんの人にも心配をかけてしまったということにも気付かされて、身につまされました。

 

帰り、山手線を待ちながら、僕はこう思いました。

終わったんだ。

終わった。悪い夢が終わったんだ。

そう思うと、僕はこらえきれなくなりました。でも、今までとは違うな。と思いました。悲しい涙じゃないんだ。

嬉し涙というもの。だと思いました。

そうすると、知らない女性が、僕にポケットテッシュを差し出して、すぐに電車を降りていきました。僕は恥ずかしくなり、ちょっと、泣きました。恥ずかしい涙というものも、あるんですね。

 

そんな感じです。

平日に何があったのか、もう忘れてしまいました。そんな平日であることが幸福なのか、不幸なのか、僕以外誰にもわからないと思います。何も負担もなく、先の心配もしなくてもいい。それでも僕は不満を感じている。そして、ほんとうの目標というものがある、まだほど遠い。何もしていない、できない。

 

と、いう感じです。

会社は祝日の休みがありません。月曜日も出勤です。朝の電車も空いています。街もすいています。帰りも空いています。いつもより、ゆっくり通勤ができます。よかったよかった。よかったんだ。悪夢は終わったんだから。と

自分に言い聞かせています。

またネガティブになってごめんなさい。

「平日に燃えたぎっていた」ということは大それたことです。まあ楽しみにして昇華しようということです。

 

おわり!

あたらしい500円で買ったバッグの悩みがうまれたんです

先日、上田市「メロディーグリーン」で500円で購入したこのショルダーバッグ

早速、今日の通勤で使ったのですが。。

これ、階層が6階層もあるんです。

写真が分かりづらいのですが、ようするに、これが全部別の階層に入るんです。

中央の階層には、ファスナー付きの内ポケットと携帯電話ようの小ポケットも2つもあるんです。

ファスナーは表のところにもあるんです。

ここまであると、使いづらい、というか、自分はばかくそなので、どこに何があるのか、すぐわからなくなるんです。

財布はとりあえず、外側のところに。ちょっとレジなどで使うと「パッとしまいたいショルダーなんだから」とてきとうにパッと入れちゃうんです。

そうして後で「ああどこか」とゴソゴソしちゃうんです。

困ってしまうんです。

さらに、きょう「お昼にいこう本も入って便利」と思って、持っていったんです。

そうしたら、携帯電話が見つからなくて。もう契約がなくなった事実上のiPadになったiPhone6120GBはあったんですけど。

オフィスにわすれてきたんだ、と思ったんです。

 

でも、オフィスに帰ってもみつからなかったんです。なくしたかなとかなり焦ったんです。

あわてて、会社の電話からかけてみたんです自分の番号に。

でも反応がなかったんです。

おちついて、もう一度、ガサゴソカバンをあさってんです。そうしましたら、あったんです。

同じ様なことが、帰りにもあったんです。どうしよう

「カバンなれ」というものもあるんでしょうか。困りました。

同じ「メロディーグリーン」で買った、ふつうのバッグか、この前「ショルダーバックと勘違いして買ったリュックのバック」を使うべきか

迷っているんです。

でも、使いこなせたら、便利だと思うんです。

終わりです終わり。今日も終わり。

 

おわり

 

素晴らしい週末になりました!

ほんとうに素晴らしい休日でした。たった2日間、意味のない5日間が報われた、いや、そんなこと言ってはいけない、励みなった2日間だと言いましょう。

面倒くさいので、各日ごとに箇条書きにて記しますね

  • 土曜日に日曜日にしたことをしようと思っていたけど、天候を危惧し予定変更
  • たのしく「朝だ生です旅サラダ」「食彩の王国」「題名のない音楽会」とテレビ朝日を鑑賞
  • ちょっと買い物の必要があり、近所のDAISOへ
  • 行こうかと思ったら、自転車がパンク!
  • Google Maps様にて発見して自転車屋
  • 自転車屋というより、二輪修理専門みたいなガレージにおじいさん
  • 「ぱんくしました」というと「なおしてやるよー」と好対応
  • そのへんの椅子に座って、しばらく仕事を鑑賞
  • アラブ系の親子がやってきて「おかあさんのやつまだですか」と子供が日本語ではなし、母親に通訳していた。すごいなあ。
  • おじさんの自転車修理技術はすごい。ぼろいくそ安自転車が新品のような走り心地
  • 今日はネクストサンデーのオープンステージにでることにした。土日に開催されるのは珍しいから
  • 青梅街道を快適にサイクリング。あっというまについてしまった。土日の青梅街道は車も少なくて快適。環状7号線は地獄だけど。。
  • 会場に到着すると人が少ない
  • いつもの「洋子さん」はいた。元気そう。今日の新曲は「特派員」
  • 自分の出番の前に、謎の英語話者の少年18歳がソロでギター弾き語り
  • ハワイから来ました、ニホンゴはうまくないです。とのこと。
  • 歌いだしたら、リアル英語と、歌とギターのうまさに圧倒された
  • ほんとうにうまい。「すてきー」と目をキラキラさせてみてしまった!
  • というか、日本の「男性ギター弾き語り」のレベルの低さといったらどうだろう
  • 終演後、早速話しかけ、仲良くなった!
  • 彼は今はLAにて音楽学校に通うことのこと。この日は女性といて、その人はお母様。
  • 日本とアメリカのハーフ!日本の滞在は、学校開始前の一時的なもの。
  • 僕のつたない英語でもニコニコ話してくれた。
  • 「日本のアーティストは誰か知っていますか」ときくと「知らない!」とのこと。そうだよねえ。Mr.Childrenも知らないとのこと。
  • 「日本のギターとボーカルのソロアーティストはオールバッド」とか言ってしまった ひどいよなあ僕
  • 自分のことはカット!!します
  • 彼はInstagramのアカウントを教えてくれた。やはり米国人はフレンドリー!

www.youtube.com

ロマーノくん!頑張ってね!!!

 

2日目

  • 今日は上田市に行き上田映劇で「カメラを止めるな!」をみることにした
  • 東京駅まで、最寄り駅から地下鉄で行く
  • 電車の行き先は終点池袋までのものが来た!直結!直結!
  • いつもはだいたい「中野坂上行き」なので、乗り換え要、ラッキー!
  • 早く上田に付きすぎてしまって、「カメラを止めるな!」の1回めの上映に間に合ってしまった
  • さっそく劇場に向かい、支配人くんと逢瀬
  • カウンターから出てきてくれて、握手(T_T)
  • 僕はハグをもとめてしまった(●´ω`●)
  • でもまだ何ヶ月かめ。しっぽりしばらく話す。しかしその間にもお客様が次々来店!
  • うれしいなあ自分が客一人とかのときもあったのに
  • カメラを止めるな!」の感想はさわやかトラウマ日記にかきました
  • その後は、前に住んでいたアパートの最後に仲良くなったおじさんの家に行った。
  • ずっと家にいる人なので、行ってみたらやはりおられた。
  • 優しく歓待をされ、そのまま部屋で話した
  • ほんとうに、素晴らしい人。今は地味な生活をしているけれども、貧乏くさくない生活をするように、いろいろ努力をしている御方でした。
  • この日はこの方のために「万世のカツサンド」をお土産に持っていった。理由は自分が食べて美味しかったものだから。
  • この人は携帯電話をもっていない、でも固定電話はあり、おしゃれな電話機と今日は安い子機を買ったということで見せてくれた。
  • 電話番号をきくのを忘れていたので、教えてもらった
  • その後は喫茶「故郷」に行った。
  • ここにもけっこう通って、今日はわたしたいものがあったので行きました。
  • 店のおばあちゃんもおじいちゃんもいた。
  • コーヒーを頼むと、なぜか2杯もでてきました

  • わたしたいものとは、インターネットにあった喫茶「故郷」の写真をプリントアウトして、ファイルにはさんだもの。
  • 前にスマートフォンで見せて、喜んでいたので、わたしたいと思っていた
  • 最初は恐縮して、いりませんよ!と言っていたけど、なんとか受け取ってもらった
  • その後、ずっとそのファイルを観ていた。嬉しかった。
  • 最後にはメッセージも手書きで書きました。
  • その後は、最後に会いたい人、メロディーグリーンという中古CDレコード古着など沢山のサブカルチャーが詰まった名店の店主さんに会いにいきました。
  • やはりおられて、話をしました。僕のことはもちろん覚えてくれていました!
  • そして、カウンターで出す前の商品、僕がほしかった感じのショルダーバックがあったので、これいくらですか?ときくと500円とのこと!すぐに買いました!

この後、再度上田映劇により、支配人さんに別れを告げました。

「いろいろ大変だと思うけど、それすらも羨ましい」と思っていたので、それを言いました。やはりこういう事を言ってはよくないな、と恥ずかしくなりました><

 

その後、締めで「ラーメンこうや」に。やはり美味しかった!

上田市は日中も涼しくて、今日は良い風も吹いていて、空も綺麗でした。

帰りはちょっと寒くて、そういえば、メロディーグリーンで300円のカーディガンを買ったのに、すっかり忘れていたなあと帰りに気づきました。

帰りたい、と思える場所に自分にはあるんだ、ということ。ほんとによかったです。

東京での生活、まだ上田市にいたたった1年弱の最後よりも、孤独であり、満たされていないという現実だということ。はやくなんとかしなくては。と思います。

はあ、明日からなんとかがんばります。いや、がんばならなくてもいい。今は、ただ耐えること。それが大事。今はそうです。そうするしかない。耐えることなんて、何もないはず。どうなんだろう。

とりあえず、今日はもう寝ますおやすみなさい!

明日、ちょっと冒険します

会社のことはもうどうでもよくなりました。

ここで一息つきたく、冒険に出ることにしました。自分ひとりだけなので、もしかしたら行かないかもしれない。でも行くと思います。日帰りで、行く。それだけは決めています。

自分というものを、また見失っています。だからちゃんと見つめたい。ここを離れて。一日だけ。朝でて夜返ってくる。それをこなすだけでも良いのです。

ルーティンな毎日に辟易しています。そんな自分にも。

たまには、この毎日から逃れるような、休日も含めて、過ごしたいなーと考えました。

日常から離脱すること。ほんのひとときでも。僕の救いをもとめて、一日を過ごします。